STUDIO ROCCA(スタジオロッカ) は映像と音楽を操る札幌の制作会社です。

オーバーハウゼン国際短編映画祭セレクション上映

2017.12.05

オーバーハウゼン国際短編映画祭セレクション作品

Aki Nakazawa & Jan Verbeek作品上映会

 

1954年創設のオーバーハウゼン国際短編映画祭(International Short Film Festival Oberhausen)は、2018年開催(5月3日〜8日の予定)で64回目を迎える、世界で最も古い短編映画祭の一つである。様々な形式やジャンルを超え、短編映画の独自性を紹介してきた映画祭であり、また映像作品の前衛性や実験性に特に注目することで知られる。また映画文化を通した政治や社会へのアプローチを試みる姿勢がある映画祭でもあり、ドイツ国内では大変重要な文化事業の一つでもある。毎年約6,000本を超える応募の中から選ばれた総数約500本の作品が上映され、コンペティションの他、特集プログラムを含めると約100本のプログラムに、約1万8千人の観客を動員する。
この映画祭の選考アドバイザーでもある映像作家の中沢あき、アーティストのJan Verbeekをゲストに迎え、おふたりの作品上映と映画祭セレクション作品の特集上映を行います。上映後、現在のドイツでの活動や映画祭についてお伺いします。