STUDIO ROCCA(スタジオロッカ) は映像と音楽を操る札幌の制作会社です。

小笠原大 作品上映会

2017.06.14

今週の第二マルバ会館上映会は、

 

ついにきた
小笠原ボリショイ上映会開催です!!

 

小笠原大 作品上映会



日時:6月17日(土)
開場_17:00、上映スタート_18:00
入場料:800円+1ドリンクオーダー


***
小笠原大
STUDIOROCCA所属イラストレーター/アニメーター
初めて映像を作り始めてからはや10年、これまで小笠原が関わった映像のいくつかをご覧ください。
今回の作品はお子さんも楽しめる内容です。
小笠原はアニメ作ったり、ナレーターだったり声優だったりします。

<上映プログラム>
・ホッカイラジャーズ野球少年団
・なぎたおすもんすけ
他、最新作も2本上映します!

===============================================
INDEPENDENT THEATRE 第2マルバ会館

Mail malva2nd@gmail.com

Facebook www.facebook.com/2malva
Twitter www.twitter.com/BooksMalva
Web www.malva2.jimdo.com/

(自衛隊前駅東口すぐ!)
札幌市南区澄川4条7丁目3ー25
ファッションクリーニングぬまち
===============================================

コンピレーションCD “emergence xx”発売!!

2017.06.13

北海道音楽の今を切り取ったコンピレーション”emergence xx”が発売になりました。

今年は札幌芸術祭もあるので、地元のアーティストの作品集があるといいなぁということで制作された本作。

自分もディレクションと楽曲提供で参加しています。若手からベテランまで様々な音楽が詰まった

道内はもちろん、道外、海外の方にも聴いてほしいナイスな1枚に仕上がりました。

全国の主要レコード店、ituensなどで発売しております。

以下より視聴もできますので、是非ご一聴を!

http://provo.jp/emergencexx

谷 峰登 撮影作品上映会

2017.06.09

今週の第二マルバ会館情報です!

 

Vol.19 谷峰登撮影作品の上映会

▼日時
6月10日(土)
オープン17:00  スタート18:00
800円+1ドリンク
時間お間違えなく!

 

珍しいきのこ舞踊団の伊藤千枝さんとのお仕事も観れますよ!

 

Nico touch the wallsのMVや
任天堂、Softbank、日清カップヌードルのCM
映画、めがね、プール、マザーウォーター
ドラマ、パンとスープとネコ日和など
数々の映像作品を撮影する谷さんと一緒に、解説や裏話を交えつつの60分。

 

鑑賞して飲みましょう!
撮影の勉強にも最高プログラム!!!

 

個人的にオススメなのが16mmの多重露光(添付2枚目)
よろしくお願いします。

 

スクリーンショット 2017-06-08 21.46.01

スクリーンショット 2017-06-08 22.00.16
スクリーンショット 2017-06-08 21.46.29

 

林 紗綾香 作品上映会

2017.06.01

先日の栗原みえ上映会も大変な面白さでしたね!

連日大盛況のなか終了いたしました。

 

今週のマルバ会館です!

札幌在住の映像作家・林紗綾香さんの初個展上映会です。かっこいい映像がたくさん見れますよ!

 

vol.19 林紗綾香 上映会


6月3日(土)

オープン18:00 スタート19:00
800円+1ドリンク

▼トレーラー
https://youtu.be/dTcoRjjHSws

***

林紗綾香
1989年石狩市生まれ
2012年北海道教育大学岩見沢校卒業。在学中は伊藤隆介氏に師事。
卒業後は役所の臨時職員、3Dアニメーション会社、舞台制作会社と働きながら実験映像作品を作り続ける。
イメージフォーラムフェスティバル2017にて「ZA/ZA」がノミネート
JRタワーアートボックス2017 優秀賞 (展示は2017年12月~2018年2月)

HP : https://hyt7as.wixsite.com/polestar

▼上映作品

・日常の刻印 (2010年 1分)
・空なる表皮 (2010年 4分)
・不可侵 (2010年 3分 )
・かん かん かん(2011年 6分 )
・パブリックと庭(2012年 4分)
・spot (2014年 3分)
・無秩序 -désordre- (2013年 6分)
・ZA/ZA (2017年 6分)

トークタイム (笠原明枝さん)

林 満奈美 作品
・真夏のDEEP(5分)
・みんなはともだち(1分 新作) 

・Experimental YouTuber (初公開 新作)


▼作品紹介(作品一部抜粋)

「無秩序 -désordre-」 (2013年/6分)
ビデオフィードバックを使った実験映像。
タイトルは「リゲティ」のピアノ練習曲『無秩序』から。
「リゲティ」の『無秩序』では左右の手のリズムが徐々にずれ、音を繰り出すが
この作品では画面の奥に進むにつれ、ずれが生じていく手の視覚表現を楽しむ作品としている。

「ZA/ZA」(2017年/6分)
ヒッチコックの映像を題材に、ロトスコープ・切り絵・再撮影の三つの手法で構成を行なった影絵アニメーション。
脚本、俳優、ロケーションを失った映画はろうそくの炎によって像だけ抽出され、スクリーンに再投影される。
不規則に揺れる像は視覚を通して鑑賞者の記憶に働きかける。

「Experimental YouTuber(エクスペリメンタルユーチューバー)」(新作)
今の時代、実験映像なんて流行らない。世の中はエンターテイメントに溢れゴールデンTVですら
視聴率が取れないなんて想像しなかった。そんなご時世に、子供達の憧れの職業の一つに躍り出た、それはYouTuber。
実験映像作家がYouTuberになるには?めくるめくグルメエンターテイメント!

LINEスタンプ抽選
※ご来場の方抽選で1名様にオリジナルLINEスタンプ(またはシール)をプレゼント!

===============================================

INDEPENDENT THEATRE 第2マルバ会館


Facebook www.facebook.com/2malva
Twitter www.twitter.com/BooksMalva
Web www.malva2.jimdo.com/

(自衛隊前駅東口すぐ!)
札幌市南区澄川4条7丁目3ー25
ファッションクリーニングぬまち

==============================================

【!全編8mmフィルム上映!】栗原みえ 作品上映会

2017.05.23

宮嶋風花さんの作品上映会もとっても充実してましたね〜!

学生らしい模索感と、手間暇がかかった作品ばかりで、今後が楽しみな作家さんです。これから作られるという卒業制作もかなり面白そう。

 

今週の第二マルバ会館情報です!!

 


vol.018 栗原みえ作品上映会

18296817_1338093742948031_824052864_o

横浜在住の映像作家、栗原みえ氏の上映会を開催します。
8mmカメラを用いて、独特の語り口で構成されたセルフドキュメンタリー作品は必見です!本当におすすめ!両日とも作家のトークもあります!

日時
1日目5/26(金) 開場18:00・上映19:00・作家トーク
2日目5/27(土) 開場16:00・上映17:00・作家トーク
入場料:800円+1ドリンク
(毎日先着10名に「スイカのタネ」と「ひまわりのタネ」をプレゼント!)


***

栗原みえ
1971年生まれ。短大卒業後に録音スタジオの映写技師を一年勤め、その後イメージフォーラム付属映像研究所第17期入所。
これまでに、『青の数値』(99)、『夏草2/10』(08)など計9作品を発表。作品は全て8ミリフィルム。
作品は、恵比寿映像祭2015や、マニラの映画祭などで上映される。


上映作品
上映は全て8mmフィルムで行います!

金曜日
「無音の領域」(2006/14min)
5年ほど前に発症した持病の痛みが四六時中うるさい雑音のようにまとわりつきます。
ある朝、目が覚めたら痛みが消えていればいいのに。

「新年10日間」(2005-2007/62min)
三十路過ぎ、無職、毒女(2ちゃん用語で独身女)、ハロプロヲタの2005年から2007年の新年10日間の日記です。

「夏草2/10」(2008/10min)
実際のところ蟻は全体の2割しか働いていないらしい。静かで暴力的なあの夏がまたやってくる。

「小曲」(2011/4min)
戻せない時間は小さな死。

土曜日
「チェンマイ チェンライ ルアンパバーン」(2012/42min)
持病にひびく寒さを避けるため、ここ数年、冬にタイのチェンマイを訪れています。2011年は1月20日から2月17日までのチェンマイ滞在中にバスで約二時間のチェンライ、飛行機で約一時間の隣国ラオスのルアンパバーンへも足を延ばしました。その間に撮影したフィルムを帰国後にまとめました。

「雲とか虫とかテツジョウモウ」(2014/68min)
三軒茶屋中央劇場のメガネのおじさん、私はもう大丈夫です。新しい場所は見つかりました。それからなんのとりえもない私に8ミリカメラというイカすおもちゃをくれた映画の神様、もしいるんなら今までありがとう。

 


 

私も数年前、一度作品を拝見したきりなんですが未だその衝撃衰えず・・・ついに札幌にお呼びしました。

栗原みえさん、本当に素晴らしい作家さんです。超おすすめ!!ご本人も来札されます!

ドキュメンタリー好きって方、チェンマイ好きって方、映画好きって方、皆さんに全力でおすすめします。絶対来て!!

 

二日間で上映するプログラムが異なりますので、ご注意ください!

ご来場お待ちしてま〜す!

 

 

来週の上映会は以下です。

超かっこいい作品がたくさん見れますよ!こちらもぜひお越しください!

 

林 紗綾香 作品上映会「Experimental YouTuber」

6.3 sat 18:00 open / 19:00 start

800 yen + 1 drink

宮嶋風花 上映会

2017.05.17

先日のヤマダアートフィルムも素晴らしかったですね!

今週の第二マルバ会館情報です!

札幌で活躍中の注目の若手作家さんです。

宮嶋 風花 作品上映会

image

5.20 sat

18:00 open / 19:00 start

800 yen + 1 drink

 

札幌大谷大学在学中の映像作家、宮嶋風花氏の上映会を開催いたします。

 

「trace」(2015/1min)

映像は静止画の集まりであり、カメラに映っているものしかそこに存在しない。積み重ねた一瞬は時間が経っても消えずに必ず「今」に反映される。

実験アニメーション

「Porte #10 “Projection” Filter」(2016/11min)

 投影とは、影としてものの輪郭をうつすという物理的な現象を表す概念であるが、一方、心理学の面で投影とはものの見え方や解釈に「心の内面を表現する/ される」作用でもある。

映像番組

「あの日の東区」(2015/15min)

 札幌大谷大学と札幌東区役所の共同プロジェクト「あのころ× これから」。8mm フィルムデジタルアーカイブ化事業。東区の過去を振り返り、今につなぐ。

ドキュメンタリー映画

「真夜中の儀式」(2014/6min)

行啓通に迷い込んだその夜、男は知ることになる。「真夜中の儀式」の存在を…。ホラーコメディ。

ショートフィルム

「ZOMTOPIA!」(2017/26min)

ゾンビとの共学制度が開始された札幌大谷大学で、生徒達はどのような生活を送るのでしょうか。

ゾンビ映画ライブ

他、全10本。

 

当日ZOMTOPIA!サウンドトラックCD&DVDを販売致します。

宮嶋風花ホームページ https://fuka-miyajima.tumblr. com/

 

大谷大学在学中の作家さんとのことで、学生さんが来るととても刺激になるんじゃないかな!?

ご来場お待ちしております!

 

来週の上映会は以下です。

こちらも必見!札幌で見れる機会はなかなか無いですよ!

本当に素晴らしい作家さんなので是非!!

 

栗原みえ 作品

5.26 fri

18:00 open / 19:00 start

5.27 sat

16:00 open / 17:00 start

 

各日800 yen + 1 drink

 

https://malva2.jimdo.com/次回上映会/

【次回上映会のお知らせ!】ヤマダアートフィルム

2017.05.10

第二マルバ会館、5月はなんと毎週末上映会があります。

今週の第二マルバ会館は!

 

ヤマダアートフィルム

5.13 sat

18:00 open / 19:00 start

800 yen + 1 drink

スクリーンショット 2017-05-08 13.08.41 スクリーンショット 2017-05-08 13.01.13

 

山田裕一郎

①「Unconditional Love」(ドキュメンタリー/2010/12min)

ニューヨーク州西部で、パーキンソン病を患った人たちがダンスセラピーを通じ、前向きに病気と向き合う姿を写したドキュメンタリー。

②「二本松を知ること」(ドキュメンタリー/2012/9min)

東日本大震災から一年、福島県二本松市の子どもたちに恵庭産の小豆を使ったお汁粉を振る舞いに行った際に聞いた知られざるまちの現状。

③「Not Easy Way」(ドキュメンタリー/2017-制作中/18min)

2016年トヨタコレオグラフィーアワードを受賞したダンサーで振付家の平原慎太郎氏が、札幌の若いダンサーのためにダンスを作るようす。

***************************************************

メッセージ

上映後は作品のことはもちろん、映像制作の方法や撮影機材、アメリカ留学や英語の勉強法まで興味があることがあれば気軽に質問してください。少しでも役に立つことが話せればと思います。

***************************************************

プロフィール

1979年生まれ。恵庭市出身。北広島高校卒。2004年にアメリカに留学し、2010年ニューヨーク州立大学大学院バッファロー校修了。ドキュメンタリーとダンス映像を学ぶ。2004年に留学したニューヨーク州立大学ビンガムトン校では、オーストリアの映像作家マーティン・アーノルドから映像制作の指導を受ける。2007年からはマース・カニングハム、ジョン・ケージ、ナム・ジュン・パイクらと映像制作をしていたエリオット・キャプランに師事。2009年には、「Robert G. and Carol L. Morris Fund」と「Liberace Foundation Scholar Award」を受賞し、ダンスの制作過程を記録したドキュメンタリー「Time to Dance」(2010年/45min)を制作。

2011年にヤマダアートフィルムを設立し、大学、専門学校、病院、地方自治体の広報映像を制作。札幌大学と北海道ハイテクノロジー専門学校の非常勤講師も務める。

 

面白そうですね~

来週、再来週の上映会は以下です。

いずれも第二マルバでしか見られない映画ばかり!

五月病を面白い映画で吹き飛ばしましょう。

 

宮嶋風花 作品

5.20 sat

18:00 open / 19:00 start

800 yen + 1 drink

 

栗原みえ 作品

5.26 fri

18:00 open / 19:00 start

5.27 sat

16:00 open / 17:00 start

各日800 yen + 1 drink

 

ぜひお越しくださ~い!

https://malva2.jimdo.com/次回上映会/

つるりん御殿で瞑想中 笠原明枝上映会

2017.04.21

明日は第二マルバ会館 映画上映会 vol.11!

映像作家 笠原明枝さんの特集上映を行います。

総上映時間140分+トークと大変ボリューミーな内容となっております。第二マルバ史上もっともクレイジーな上映会となるかも!?

明日初上映の新作クレイアニメもあるようです。

 

是非ご来場ください!

 


第2マルバ会館 映画上映会 vol.11 つるりん御殿で瞑想中 笠原明枝上映会

「器用になれない」私の制作のきっかけはそこにあります。個人的な視点から見過ごしてしまうものを作品に。

大叔母と自分を追ったセルフドキュメンタリー作品「名残」、つるりんちょと道北へ旅に出た「WAKING OF TRUE CHARACTER(正体の目覚め)、

「父」の不在と生命の誕生に迫った「現れの始まり」。

全部見終わった後は、もっと自由に呼吸の出来る世の中になるでしょう!
今回は幻のゾンビ映画「ハッピーデッドダーリン!」も特別上映!一夜限りのつるりん御殿でお待ちしております。

会期:2017年4月22日 土曜日
入場料:600 yen + 1 drink
会場:第2マルバ会館 札幌市南区澄川4条7丁目3-25クリーニングぬまち内(自衛隊前駅東口すぐ前)

16:30 開場
17:00 第一部 開演
19:00 トーク「映像メディアを使った作品制作と配信について」    ゲスト 服部亮太さん(Sapporo6h)
19:30 第二部

第一部
・I exist in air  2010 3分
・名残 2011 5分35秒
・WAKING OF TRUE CHARACTER(正体の目覚め) 2012 53分 卒業制作 
・日々転々 12分17秒 2012
・現れの始まり 24分 2014
(102分)

トークセッション
「映像メディアを使った作品制作と配信について」
ゲスト 服部亮太さん(Sapporo6h)
私はこれまで自作の自主上映会を開催する中で、自分で作ったものをどう人々に見てもらうか難しさを実感してきた。そこで映像を「映画」としてではなく「情報伝達」のツールとして配信してこられた服部亮太さんをお迎えして、映像を使った配信活動、作品制作、映像メディアを使った人の関係性についてトークセッションをします。

第二部
・奇々怪々!とびない旅館〜下北妖怪紀行〜 2012 7分47秒
・ハッピーデットダーリン! 2011  30分
(38分)

詳細ページ
https://malva2.jimdo.com/次回上映会/

美術館で謎解き!

2017.04.09

芸術の森美術館で開催中の「旅は目的地につくまでがおもしろい。」に
ロッカの仙庭が参加しています。
仙庭の展示スペースでは、謎解きで遊んでもらうという体験型の展示になっています。
会場を探索してすべての謎を解いて最後の答えを見つけてください。
果たしてこれは美術なのかエンターテイメントなのか…。
直接体験してお確かめください。

 

札幌美術展 旅は目的地につくまでがおもしろい。
札幌芸術の森美術館
4月8日(土)~5月28日(日)
9:45~17:00

チラシ_DSF5871

アレッサンドロ・マヴィリオ作品上映会

2017.04.06

今週末土曜、4月8日は「アレッサンドロ・マヴィリオ作品上映会」!

 

第2マルバ会館常連の謎多きイタリア人、マヴィリオさんの特集上映が開催されます。

北海道に来る前に暮らしていた、京都が舞台のドキュメンタリー映画とのこと。概要を読んだだけでもかなり面白そう。

詳細は以下です!


 

アレッサンドロ・マヴィリオ作品
「道映 / Taoist Movies 」( 2004/2014) 約40分
(イタリア語字幕/一部は日本語字幕)

 

日時:4月8日 18時から

場所:第2マルバ会館(https://malva2.jimdo.com)  札幌市南区澄川4条7丁目3-35 ファッションクリーニングぬまち内

料金:800円


道映(TAO・道教/映画)は、2004年から2014年まで、京都の道で撮影した実験的なショートムービーコレクションである。
一般的に映画制作に必要とされるバイオレンスを除いたドキュメンタリー・フィクションに挑んだ。
道映(TAO・道教/映画)の主人公は名もない道である。道は人々やその動きによってそれぞれの表情を見せる。カメラは道の自由な表情を記録し、作者はちょっとした物語を付け加える。
何故”Taoist”なのか? それはTao(宇宙)も道(みち)も実際には同じ概念・原型であることに由来する。

道とそこに居る人々のユニークな瞬間を捉え続けた10年間の挑戦をお見せします。このプロジェクトは人間の夢と想像力の研究によるものです。

“Taoist Movies” is a collection of short / experimental movies shot in Kyoto between 2004 and 2014.
“Taoist Movies” is the attempt to produce fiction movies without the “violence” usually necessary in film production. The protagonists of taoistmovies are usually anonymous street. Streets expresses themselves by showing people and mouvements. The camera records the free expression of the street and only after the film-maker adds a bit of story, usually with subtitles. Why “taoist”? Because Tao (Universe) and Street are in fact the same concept / archetype. Respecting the special timing with the streets and its people I will present a challenge lasted 10 years.

This project is the technical base for the study of the misteries of human dreams and human imagination.

 

https://www.facebook.com/events/241832649624920/?active_tab=about