STUDIO ROCCA(スタジオロッカ) は映像と音楽を操る札幌の制作会社です。

Macを捨てろ

2011.10.10

寺山修司は書を捨てよ町へ出ようっていう映画を作った。

これからお見せするのはその冒頭シーン。

YouTube Preview Image

書を捨てよっていうのは現代においてはmacなのかも。

500 People in 100 Seconds!

2011.10.10

表現手法としては実験映画とかで昔からあるんだけど、

やっぱりこういう作品には引きつけられる。

YouTube Preview Image

最近映像が個人ベースでどんどん作られるようになって

昔8mmフィルムが出始めたときと同じ現象が起こっているのかも。

アナログ最高!

水鉄砲男とスプリンクラー女

2011.10.09
YouTube Preview Image

Studio Roccaでやりたいこと

2011.10.08

お晩でした。(北海道弁でこんばんは)

ゆるい教育番組みたいの作りたいなー

YouTube Preview Image

Kitty, Daisy & Lewis – ラリーがしたいの

2011.10.07

たまに一緒にお仕事させてもらってるグラフィックデザイナーの三村啓介さんらの「HIKIDASHI」が展覧会を開催するみたいですよ。

どんな作品があるか全く謎だけど楽しそう。

http://hikida4.jp/?p=614#more-614

パーティの日は自分札幌にいないので残念ながら顔出せません「I’m So Sorry‬」

で、今日の映像は三村さんがtwitterで紹介してたPV「‪Kitty, Daisy & Lewis – I’m So Sorry‬」

YouTube Preview Image

イスラエルとパレスチナ和解運動 アーティストJRが推進

2011.10.06

半匿名のフランスのストリート・アーティストでTEDプライズ受賞者のJRは8日、インサイドアウト・プロジェクトの一部である「タイム・イズ・ナウ、ヤラ!(Time is Now, Yalla!)」を公開した。

◎イスラエルとパレスチナ和解運動  アーティストJRが推進

「私はFace2Faceプロジェクトで初めてこの地で働いた時、同じ仕事をしているイスラエルとパレスチナ国民の肖像画像を貼り付けて、両国民は人種の差はあってもお互い理解し合えるほど似ていることを示そうとした。自分たちの肖像画像を撮って、考え方を共有して、彼らのコミュニティーの路上にそれを張ってもらう。すべての人がアートを通じて人生観を語ることができるので、タイム・イズ・ナウは表現の壁を破り、人々に見たり聞いたりする手段を提供することになる」

「われわれは両国の平和に大きな支持があり、若い人々が前進して確かな将来を望んでいることを示したい。われわれの役割はイスラエルとパレスチナ双方に、一般国民の前向きのビジュアルな発言を創造するという単純なものだ」

JRはTEDプライズを受賞した後にインサイドアウト・プロジェクトを生み出した。TEDプライズは世界を変えようと望むひとり飛び抜けた人に与えられる。JRはこのような期待から、世界最大規模の一般参加型のアート・プロジェクトの開始を探求した。JRが2011年3月にその希望を実現して以来、ブラジル、チュニジア、フランス、米国、ドイツ、パキスタン、日本、ニュージーランド、ウルグアイ、タイ、その他多くの国の4万人余りの人々が、自分たちの肖像画像を提供した。

EL GUINCHO | Bombay

2011.10.05

1分くらいからPV(おっぱいいっぱい)

これサンプリングみたいだけど全部撮影したんだってやばいね変態だね

これだけ全然違うシチュエーションのシーンを3日間で撮影したって馬鹿だね

Morning Calling

2011.10.04
YouTube Preview Image

 

この時代の世界観すごい。

 

 

Breakbot

2011.09.30

これも凄い…手描きの水彩のニュアンスがGood!

PHOENIXXX

2011.09.30

フランスフランスフランス行きたい

YouTube Preview Image